ポケモンGOによって引き起こされる事件・事故

ニュースでも幾度も取り上げられ、今や知らない人がいない「Pokémon GO(ポケモンGO)」

公式サイトでも注意喚起がされているが、一体どんな危険が潜んでいるのだろう。

キャプチャ

※公式サイトより

 

海外編

・オーストラリアの警察署が歩消すトップに指定されて、中に入ってこないようにと告知

austrailian-police-stations

オーストラリア警察機関はFacebookを通して、新作ARゲーム『Pokemon GO』ユーザーに向けて安全指導を行いながら、ゲームプレイの為に署内へ入らないよう注意喚起しました。ノーザンテリトリー警察が伝えるところによると、オーストラリア北部準州ノーザンテリトリーの“ダーウィン警察署”の位置には、モンスターボールを獲得するための“ポケストップ”が配置されているのだとか。同署は『ポケモンGO』ユーザーがゲームプレイの為に署内へ進入することを危惧しながら、
「モンスターボールをゲットする為に実際に警察署内へ入る必要はありません」と告知しています。

 

・19歳女性が川でポケモンを探しているときに水死体発見

3e8d2638-8492-4f31-9c7a-a40

アメリカのワイオミング州に住む、19歳のシャイラ・ウィギンズさんは、
公開されたばかりのスマートフォンゲーム「Pokemon GO」をプレイしていました。
朝の8時半頃、ポケモンを捕まえに外出し、川岸を歩いていたところ、川に男性の水死体が浮いているのを発見しました。地元警察によると、水死体は男性のもので、死後24時間以内と見られます。

 

・ポケモンGOプレイ中に不審者と思われ発砲される

アメリカのとあるYoutuberが夜中にポケモンGOをプレイしている最中に発砲される事件が発生しました。運転しているうちに人が所有している敷地内へ侵入し、徘徊しているところをその土地の所有者に発砲されましたが、弾は当たらずその後もプレイ続行したようです。

プレイ動画がこちら↓

 

・ピカチュウを捕まえるため高速道路上で停車して交通事故に

1-2

アメリカのマサチューセッツ州で26歳のラマー・ヒクソン(Lamar Hickson)がピカチュウを捕まえるために高速道路上に車を停止させた後に事故は起きました。

彼に要求される罰金については未だ不明ですが、この事故では誰も大きなケガや負傷を負いませんでした。

 

・ポケモンGOを悪用して幼女を集める犯罪

無題2

ポケモンが出現しやすくなるアイテムを使って人をおびき寄せた武装強盗4人を逮捕したと報告がありました。

「ポケモンGOの位置情報を使う強盗団は場所と状況を知らない被害者の隔離レベルを予測することが出来た」

と巡査は声明のなかで言及していました。

 

・ポケモンGOに夢中になった女性キャスターがカメラ前を横切り放送事故

caster-play-pokemon_go

米ニュース番組「10News WTSP」の生放送中に気象予報士の男性が、天気予報を伝えていたところ、ゲームに夢中のキャスターが、生放送中にカメラに写ってしまったようです。

 

・ポケモンGOをプレイ中の男性2人が崖下に落下

src_36567965

カリフォルニア州サンディエゴの海岸付近でポケモンGOを遊んでいた男性2人が崖下15mから30m前後に転落しました。
通報を受けたライフガードが駆けつけたところ、1人は意識のない状態でした。
2人は病院に搬送されたが、今のところ負傷の程度や容体は不明です。

 

・ポケモンを捕まえるために原子力発電所に侵入

pikachu-go

米原子力規制委員会(NRC)は19日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」でポケモンを捕まえようとしていた10代の3人が中西部オハイオ州のペリー原発の敷地に入り込み、警備員に追い出されたと公式ブログで明らかにしました。

 

・ポケモンGOをプレイしながら車を運転し、パトカーに衝突

car-accident

メリーランド州のボルティモアで18日未明、巡回中の警察官が歩道で話し込んでいたところ、スマートフォン向けのゲーム「ポケモンGO」で遊びながら運転していた若者がハンドル操作を誤り、停車中のパトカーに乗用車が突然、衝突しました。